子どもの歯並び矯正キロク。

娘の歯科矯正の様子を記録しています

新しい拡大床に作り替え!拡大床スタートから9ヶ月のこと

2017年2月から拡大床による矯正治療中の娘。

順調に治療が進み、拡大床がだいぶ拡がった状態になりました。

定期検診に行ったところ、「新しい器具(拡大床)に作り変えるから、型をとりますね。」と言われました。

2017年11月のこと。

なるほど、新しい装置に変わるのね~。

 

拡大床の作り替え

拡大床は毎週1回ネジで幅を拡げていって、歯列を拡げていくという治療になります。

そのネジを回し続けて9ヶ月。

ネジがほぼいっぱい回った状態になりました。

 

40日に1度の定期検診の際に、「器具を作り替えます。」との案内がありました。

あ、まだ終わりじゃないんだね(´・ω・`)

 

型を取って、次の週に新しい拡大床を受け取りに行きました!

そのまま古い拡大床は回収されます。

そこで写真を撮り忘れていたことに気がついた私(;´∀`)

なので、拡がった拡大床の写真がありません…残念。

 

f:id:setuyakuhappylife:20180518140021j:plain

新しい拡大床を装着して調整して、また1からのスタートとなりました。

 

拡大床が拡がってきてからは器具が歯茎や口内に当たることがあって口内炎に泣いていましたが、新しくなったことでフィットするのでよくなるよ~との先生のお話でした。

 

器具を作り変える料金は、最初のセット料金の中に含まれています。

なので、器具代が新たに掛かることはありませんでした。

定期検診代は掛かりましたけどねー。

 

拡大床の作り替えまとめ

拡大床の治療がスタートしたときは、これが開いたら次のステップに進むんだと思っていました(;・∀・)

9ヶ月が経って、新たな拡大床に作り替え。再スタートです。

 

娘の歯並びはまだ整ったとは言えませんので、当たり前ですけどね…。

まだまだ矯正治療は続きます。

がんばれ娘ー!!

©2017子どもの歯並び矯正キロク。
当ブログに掲載されている画像を、無断で他サイトへ転載することはご遠慮ください。 文章を引用する際は、引用元として当ブログURLを記載ください。