子どもの歯並び矯正キロク。

娘の歯科矯正の様子を記録しています

子供の歯科矯正はいつから始めるといいの?

歯が生え変わる時期になると、子どもの歯並びって気になりますよね。

矯正っていつごろから始めるのがいいのでしょうか?

早めに始めることで歯を抜かずに歯並びを良くすることができたり、本人の負担が少なくて済むので、適切な時期を知っておきましょう。

 

 

歯科矯正のベストなタイミングは?

歯の生え変わるスピードは人によって違うので一概には言えませんが、簡単に言ってしまうと、前歯8本が生え変わる7歳前後がベストなタイミングです

ただ、これを過ぎてしまったからといって手遅れというわけではありません。

まずは矯正歯科医に矯正相談をして、お子さんの歯並びの様子を相談してみましょう。

 

矯正にはⅠ期治療とⅡ期治療がある

歯科矯正といっても、治療時期によって治療内容が違います。  

 

Ⅰ期治療(7歳~12歳頃)は骨格の矯正

Ⅰ期の治療は主に骨格の矯正になります。

12歳ころまで骨が成長していくので、この時期に始めることで顎の成長を促して顎のバランスを調整することができます。  

娘の場合は顎が狭いので、歯の並ぶスペースが少ない状態でした。

そこで、『拡大床(かくだいしょう)』という矯正器具を使った床矯正(しょうきょうせい)治療をしています。

矯正器具を拡げていくことで顎の成長を促し、歯の生えるスペースを作ってあげる治療です。

写真は実際の娘の『拡大床』という器具です。

寝るときにこれをつけて寝ます。

昼間は取り外しておくことができます。

1週間したら器具の幅をネジで拡げてあげ、また1週間後に…といった流れですね。

詳しくは治療方法のページでまた書きますね。  

 

Ⅱ期治療(12歳頃~)は歯列矯正

骨の成長が終わり、永久歯が生え揃う頃。

Ⅱ期治療が始まります。

Ⅱ期は主に歯列を揃える矯正になります。

よく矯正と聞くとと浮かんでくる、歯にワイヤーをつけてるアレですね。

 

歯にブラケットという留め具を装着して、ワイヤーで歯1本1本を移動させるブラケット治療です。

Ⅰ期で顎を拡げると、自然と歯並びもよくなることもあるそうですが、治りきらなかった場合は合わせてⅡ期治療も行います。

Ⅰ期治療が必要ない場合は、この治療のみする場合もあります。

治療時期が遅れてしまった場合には、抜歯する必要が出てくることも。

このブラケット治療は、固定してしまうので取り外しができません。

なので、見た目にもわかるし、食事や歯磨きにも気を使うことになり、負担が掛かることもあります。  

 

適正な時期に矯正相談を!

上記のように、歯科矯正には2段階あります。

私の中では、歯科矯正は「永久歯が生え揃ったらブラケット治療」というイメージでしたが、いまは「早いほうがいい」と聞いて矯正歯科医院で早めに相談してみました。

結果、いまは前歯が生え変わる頃に始めると良いという事がわかりました。

歯並びが不安に感じたときには、矯正を行っている歯科医院に、早めに相談することをおすすめします。

娘の医院では初診相談料3,240円で受けることができました。

レントゲンを撮影して、どんな治療が必要かの診断をしてもらえます。

治療する、しないかは初診相談後に決められますので、まずは相談してみるといいですよ!  

 

まとめ

最近の子供は顎が狭い子が多く、ほとんどの子が歯の生えるスペースが少ないと聞きます。

費用も高いのでやるかどうかは正直迷いますが、明らかに生え変わるスペースが無くて困る状況だったので、親としてやれることはやってあげたいと思いました。

子どもの歯並びは前歯が生え変わる時期になれば、ある程度の歯並びはわかってくるので、一度矯正相談をすると状況がわかって安心できるかと思います。

…娘の場合は逆に危機感を覚えましたけどね(´・ω・`)

 

  初診相談をしてから矯正をやる旨を伝えると、型取りをして、1週間から10日ほどでその子に合わせた器具が出来上がってきます。

そこから矯正スタートとなります。 娘の床矯正の場合、長い時間つけているほうが効果が現れ、がんばり具合によってどのくらいの期間かかるか変わってくるそう。

1年掛かるか、2年掛かるか… 顎が成長する12歳頃までは様子を観察していくそうです。

長い期間になりますが、気長に付き合っていきたいと思います(*´ω`*)

©2017子どもの歯並び矯正キロク。
当ブログに掲載されている画像を、無断で他サイトへ転載することはご遠慮ください。 文章を引用する際は、引用元として当ブログURLを記載ください。